初心者でも理解できる基礎知識

「ブロックチェーン」とは

ビットコインの取引データの技術で使われています。取引のデータ履歴を(トランザクション)言います。

複数のトランザクションをひとまとめにしたものをブロックと言います。このひとまとめにされたブロックがいくつも繋がって保存された状態がブロックチェーンです。

このブロックチェーンは、データが各ブロックの中に分散されて管理されるのが特徴であり、そのデータはビットコインユーザーのコンピューターに保存されています。つまり、利用者全員で情報を管理する技術です。

そのため銀行のような特定の管理機関が必要ありません。
だからシステム障害に強く、低コストで運用できると期待されています。

マイニングとは

個人で使っているコンピューターでビットコインを採掘することです。ビットコインの取引データの情報量はとてつもなく膨大で、その情報処理を利用者有志の各コンピューターで行っています。

この有志の人々は何も無償で行なっているわけではありません。情報処理を自分のコンピューターで手伝うことで、対価としてビットコンが付与される仕組みなのです。

簡単に言えば、このことがマイニングです。

大企業がこのマイニングに乗り出しているので、個人でビットコインのマイニングをしようとしてま上手く行かないそうですよ。

仮想通貨の中には、各個人のコンピュータでも容易にマインイングができる通貨もあるので、興味がある方はぜひチャレンジするのもありかと思います。

常時コンピュータがフル稼働しているわけななので電気代も相当かかるそうです。ただ、マイニングをすることで得た仮想通貨が暴騰して、利益をあげることも夢では夢ではありませんよ。

なんたって、ビジネスとしてこのマイニングをするところがあるのだからです。

マイニングをするために用意するもの

ウォレット

仮想通貨を利用するためにはウォレット(仮想通貨財布)が必要です。

取引所登録するとこのウォレットも使えますので、登録しましょう。

主な大手取引所

  • ザイフ
  • コインチェック
  • ビットフライヤー

口座開設料や維持費は一切かからないため、まずは口座開設しましょう。

インターネット環境

安定したインターネット回線が必要です。

お勧めは光回線を引くことです。

マイニングマシン

マシンの性能(スペック)により採掘できる量がかなり違います。

  • マザーボード(PCI-eポートが多いもの)
  • HDD(必要最低限でよい)
  • CPU(Celeron)
  • OS(Windows10推奨)
  • メモリ(8gb以上)
  • GPU(グラフィックボード)
  • 電源(高効率なもの推奨)
  • リグ組みラック
  • その他のパーツ(電源スイッチ、絶縁シート等)

どんな構成マシンにするかは自由です。

しかし、構成を間違うと電気代だけを食うマシンになりかねないのでご注意を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする