ビットコインFXとは

2017年から世界中で話題になっている投資商品、ビットコインですが、すごい勢いで日本国内でも普及しています。

仮想通貨の中でもビットコインFXが注目され、多くの取引所でビットコインFXサービスを提供しています。

でも、初心者からするとビットコインFX?何それ?ですよね。

と言うことで、ビットコインFXの特徴や、実際の始め方ついても記載しています。

ビットコインFXとは?

ビットコインFXとは一体どういったものなのでしょうか。まずはそのことについて説明していきます。

ビットコインFXは、ビットコインを買ったり、売ったりすることで利益を上げていく投資運用手法のです。簡単に説明すると、2つのお金(例えば日本円とドル)で両替を行った時の、差額が利益になる金融商品と言うことです。

FXの特徴として、レバレッジというシステムがあります。レバレッジというのは、自分が持っている資金の何倍もの取引をできるようになる仕組みです。自分の資金(証拠金)を担保に、取引所によって自己資金の10倍、はたまた25倍にまで大きくすることができます。

100万円の自己資金がある場合だったら、なんと最大2500万円の取引をすることができるようになるというわけです。

ただ、これはメリットにもなりますが最大のデメリットにもなります。

自己資金100万円で10倍のレバレッジをかけた場合

この場合、現段階で1コイン=1円の通貨をレバレッジなしの状態で買ったとします。するとこのようになります。

100万円の場合、100万コイン買うことができます。

そして、時が経ち1コイン=1.1円になった時に、100万コインで円を買うと110万円になります。つまり10万円の利益が出ることになります。

逆に1コイン=0.9円になってしまい、このまま価格が下がってしまうと思い損切りした場合は10万円の損失になります。

レバレッジをかけていない状態では、自己資金内で利益、損失が確定するのでそこまで恐れを抱かないですよね。

レバレッジをかけた場合このようになります。

この場合、現段階で1コイン=1円の通貨を自己資金100万円でレバレッジ10倍を使って買ったとします。するとこのようになります。

100万円でレバレッジ10倍の場合ですので、1000万コイン買うことができます。

そして、時が経ち1コイン=1.1円になった時に、1000万コインで円を買うと1100万円になります。つまり100万円の利益が出ることになります。

簡単に言えば、レバレッジを10倍にすることで利益も10倍になるということです。

逆に1コイン=0.9円になってしまい、このまま価格が下がってしまうと思い損切りした場合は100万円の損失になります。

つまり自己資金全てがなくなります。

ここまでは自己資金がなくなるだけで住んだのですが、相場とは生き物です。今日に暴落することもあります。万が一1コイン=0.8円にb暴落した場合は一気に200万円の損失が出てしまいます。ということは100万円の借金を作ってしまうことになるのです。

また、このようなことで作った借金は、ま自己破産もできないということを知っておいてくださ。

投資は自己責任、余裕資金で、無理せず、長い視点で行いましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする