仮想通貨2年目

仮想通貨の有力候補

仮想通貨でも、インターネット界のGoogle的な地位の仮想通貨が出てくるはずです。現段階では、市場価格が一番大きいビットコインが有力候補なのではないでしょうか。ただ、今後は仮想通貨の実用性に目を向けられて取引量が多くなってくると思いますので、ビットコイン以上のものも出てくる可能性もあります。なんせ、仮想通貨はまだ実用前だからです。

2017年は実用前の仮想通貨で、価格が上がっているから、それに群がりほぼ投機目的で更に値が上がっていた印象があります。まさに博打状態ですね。そのため、なんの実用性のない仮想通貨に投機して大損失をした場合や、詐欺通貨を手にしてしまったりした人も多いでしょう。

2018年は社会で実用性がある仮想通貨に地道に投資して行くことがいいかと思います。銀行に貯金しておくだけではもったいないですね。

あなたは投資派?投機派?

簡単に言えば、投機はハイリスクハイリターンです。お金を得るスピードは早いけど、その分お金を失うスピードも早いです。この場合、頭に血が登り手をつけてはいけないお金(生活費など)にテオ着けてしまう可能性も多くなり、さらに、借金をしてまでも投機してしまう可能性もあります。身を滅ぼす可能性が大きいと思います。初心者の方にはおすすめしません。

それでは投資とは一体どういうものか?
それは、将来の利益のために今ある価値あるものを投入して行くこと。つまり長期の目線ですね。初心者の方は、この投資をおすすめします。仮想通貨の場合は1日で価格が暴騰する可能性があるんので、長期投資をすることで、暴騰の旨味を味わうことができる可能性が大きくなります。

ですのでは、私は仮想通貨は長期投資一択でガチほしていきます。

仮想通貨を始める方は、こちらの記事を一読することをおすすめします。

大暴落した仮想通貨のリスクと将来性 「未来の金融」を制するのはビットコインか、それとも… 仮想通貨相場は終わりを告げたのだろうか?

注目の仮想通貨

ザイフトークンとは
*  zaif取引所を運営するテックビューロ株式会社が発行するトークンです。
*  現在、ザイフトークンの使い道があまりないが今後使い道が増える可能性がある。
* zaifトークンが現在、当取引所でしか購入出来ない。

仮想通貨が発行するトークンの割には、まだまだ使い道がないって不思議ですよね。また、現段階zaifトークンを買うことができるのは、zaif取扱所だけということでうね。これが、他の取引所で購入できることができるようになれば、自ずと買う人も増えますよね?ということは価値も上がっていき可能性を秘めてますよね。
あくまで、私の考えなので参考程度にしてくださいね。
投資は自己責任ですから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする